test2

test2

Basic認証(基本認証)が自サイト上で利用可能かどうか?

サーバのサポートページを見れば、「.htaccess」ファイルの使用可否が分かる。※さくらインターネットの例

サーバのサポートページを見れば、「.htaccess」ファイルの使用可否が分かる。※図はさくらインターネットでの例

Basic認証は、Apache(アパッチ)というウェブサーバの設定ファイルである「.htaccess」という特殊なファイルを作って利用します。この「.htaccess」ファイルは、レンタルサーバであればたいてい利用できます。しかし、プロバイダ提供スペースや無料スペースでは利用できないこともあります。

お使いのサーバで「.htaccess」ファイルによる設定が利用可能かどうかは、サーバ会社のヘルプページなどをご覧になるか、管理者へお尋ね下さい。

Basic認証(基本認証)を使ってアクセス制限を施す手順

Basic認証を利用するために用意する2つのファイル

Basic認証を利用するために用意する2つのファイル

Basic認証を使うには、次の2つのファイルを作成して設置する必要があります。

  1. ウェブサーバの設定を記述する「.htaccess」ファイル
  2. Basic認証用の「ユーザー名と暗号化されたパスワード」のセットを必要なだけ列挙する「.htpasswd」ファイル

ドット記号「.」で始まる特殊なファイル名ですが、どちらも中身はテキスト形式です。決まった書式で記述すれば良いだけなので、作成はさほど難しくはありません。次のページから、順にご紹介いたします。

【この記事の目次】